上々楽団の方向性

  • 先ずは演奏している側が楽しんでいること(メンバーが笑っていること)
  • 音楽を通して、少しは世のためになるバンド
  • いつでも、どこでも演奏する機会を与えて頂いたことに感謝できるバンド
  • ライブ当日の「非日常」を存分に楽しむ。「真面目」ではなく、「不真面目」でもなく、「非真面目」を追求
  • 従来のビッグバンドにありがちな、聴衆無視の演奏スタイルを排除
  • 1回のステージのプログラム中、6割くらいは聴衆の理解できるものであること
  • 演奏する場所、聴衆の思考をできるだけリサーチし、空気を読む
  • グレードの高い曲にも挑戦し、レベルアップを図り独自性も出す
  • ステージに躍動感があること
  • 演奏ジャンルにこだわらない
  • ビッグバンドならではのサウンドを追求する
  • たまには、リズム+1セクションくらいでも演奏できるバンド
  • 見た目が地味ではないバンド
  • 一人一人が個性的であること
  • 常にサプライズ(驚き、驚かせる)のあるバンド(誕生お祝いや記念日祝い 他)